100歳まで元気に生きるっチャ

自称若者のバァバが斜めから見たこの世の中。捨てたもんじゃおませんよ。

”濃厚接触”って? 新型コロナウィルスを防御する方法とは

 

感染予防の基本は「手洗い」「うがい」それに「咳エチケット」ですよね。
基本的には一般のインフルエンザ対策と同じと考えればいいでしょう。

 

f:id:akibon-cocoan:20200130132654p:plain


 

生活の中で新型コロナウィルスに感染しやすい場面とは

私が最近知ったのは「咳エチケット」。
不意なせき込みについて、私はいけないとされている口に手を当てる方法でした。
なので、正しいとされる衣服の袖で口を覆うなんて考えは、思いつかなかったです。

 

1.手からの感染を防ぐために

ドアノブやスィッチ、手洗い後の水栓などは、直接手で触らないでタオルやティッシュペーパーなどで押さえながら扱う。

 

 

 

  

 

2.飛沫感染を防ぐために

エレベーター   

狭くて外部から閉ざされた環境ではあるものの、利用時間が比較的短いのでさほどの感染危惧はないと言われています。
が、周囲に咳をする人がいたら用心。
マスクをするのはもちろん、その人に背を向けるなどしてウィルスを吸入しないようにしましょう。
さらに、階ボタンを押したのちは手洗いを済ませるまで手を顔に近づけないようにしましょう。

 

3.公共交通機関を利用する際には


同じ機内や車内で1時間以上続けている場合は要注意。
感染の機会が多いことを自覚しましょう。


そして、つり革やつかまり棒に触れた場合は

手を口や鼻などに持って行かないように配慮し、

できるだけ早く手を洗いましょう。


4. 最も気を付けたい場所とは

 

 

 

 

 

 

 


病院などの医療機関は、何らかの症状を訴える人が集まる場所なので、

特に気を付けたいものです。

 

 

・ 待合室、ロビー
 

不特定多数の人が行き来するので、要注意。
マスク着用はもちろんのこと、その場合も正しくつけましょう。
できれば他の人とは1メートルほど空けましょう。
周囲の人との会話もつつしみましょう。
必要のないモノに触るのもやめましょう。

 

 

・会議室
ほとんどの場合ドアを閉め切って密閉状態になっているはずです。
しかも、滞在が1時間以上にも及ぶことが予想されます。


複数人が集まるので感染の機会が大きいです。
なので、適宜休憩を入れて外に出たり換気を試みましょう。

 

・飲食店など
とくに飲食物が自由にとれるフードコートは注意が必要で、

一般の飲食店よりも感染のリスクが大きいです。


共用のトング、スプーンにも気を付けたいもの。
テーブルやイスの取っ手などは除菌シートで拭くなどの配慮を。

 

・スポーツ施設
ウォーキングマシンや運動器具を使う時には、

周囲の人との会話を慎みましょう。
飛沫感染の恐れがあります。


入浴設備がある場合も、隣の人と話すのはNG。


5・マスク着用は正しく

感染予防に有効とされるマスクの着用も、使い方を誤ると効果が半減します。


とくに、表と裏をまちがえないように
単にゴムの接着面だけで判断せず、使用書をよく読みましょう。
表裏を間違えるとフィルターの向きが逆になって効果が薄くなるからです。

 

f:id:akibon-cocoan:20200211223530j:plain

 

6.要はウィルスを内部に持ち込まないことです


家庭や職場に入るときは、
・衣服をよく払う
・トイレマットはこまめに取り換える
などを実行しましょう。

   

【第3類医薬品】 アリナミンEXプラス 270錠 目の疲れ 肩こり 腰の痛み 定形外送料無料
価格:6300円(税込、送料無料) (2020/2/15時点)

 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入