100歳まで元気に生きるっチャ

自称若者のバァバが斜めから見たこの世の中。捨てたもんじゃおませんよ。

目次

 

 

電車の座席に座った時の姿勢についての苦言

 

ある男性のブログでこんな辛口記事がありました。


電車などの座席に座った時、膝を閉じられない人が時たまいて、
見てあまり美しいものではないという内容のものでした。

 

その男性いわく「特に女性の場合は気になりますよね」って。

なるほど、です。身につまされます。

 

f:id:akibon-cocoan:20201220151829p:plainf:id:akibon-cocoan:20201220151903p:plain

 

私もそんな体験をしばしばします。(自分が大股広げしているってこと)
最初は緊張しているからいいのですが、時間の経過とともに
だらしなくなってしまうのです。

 

特に、睡魔に襲われるともうダメ。
自分は眠ってしまうので分からないけれど、きっと見苦しい姿なんだろうと
思います。

 

 


座り続けるとどうして脚が開くのか?

 

「これは内転筋が弱いことに起因する、なので内転筋を鍛えましょう!
と単純な考えが浮かぶと思いますが、

実際のところ内転筋の筋力よりも
どんな姿勢で座っているか”が問題なんだとか。

 

パカっと脚を開いている人は概ね、浅く座って寄りかかる俗に言う
悪い姿勢で座っているはずだというのです。

 

こんなブログの記事を見つけました。

 

意外と見られている電車の中での座っているときの姿。
キレイに見える姿勢のポイントは、ズバリ背筋です。


背筋を伸ばして座っているだけで品よく見えるので、
まっすぐ上半身をキープさせることを心掛けて。


スカートの中が見えてしまいそうなときは、
バッグやストールなどを膝に置くか、足を前に出して膝を下げるのが
オススメ。


それから、疲れているからといって電車の中で無防備に寝てしまうのは

考えものです。
大人の女性としての身だしなみを身につけましょう。

 https://www.ozmall.co.jp/career/petitmanner/vol16/

 

     f:id:akibon-cocoan:20201220151951j:plain

 

 

これとは少し観点が違うご意見もありました。

 

「背筋を伸ばす」というよりも、おしりを後ろまで下げるというものです。


ポイントは、骨盤を立てること。そのための声のかけ方は、次のようになります。

「前かがみでお尻を一番後ろまでグイッと引いて座ろうね」

このように座ってから体を起こすと、背もたれに支えられて骨盤が立つので、

その上にある背骨もまっすぐ伸びます。

そのため、いい姿勢を保ちやすくなります。

「この座り方を実践するためには、背もたれが直角であることが重要です。

 https://president.jp/articles/-/15024?page=1

 


ともあれ、こういう意見があるということは、膝を崩さないで
座っていることの難しさを痛感する次第です。

 

私個人は、座席に座るや否や睡魔に襲われてしまうので、
きっと「いけない座り方」になっているんだと思います。